ルクラップ通販でむくみを解消してみよう!

むくみに悩む女性朝起きたときに「今日は調子が悪いな」ってなんとなくわかることがあるんです。

そういうときっていつもより重力を感じる気がして…

こないだ、朝イチで会った友達に「顔がパンパンでしんどそう」といわれて衝撃を受けました

なるほど、顔が重かったのね…!!

 

普段は運動しないので、外回りしたりちょっと旅行に行った日の夜には、足がむくんで大変です。

横になって休めたらまだマシなのかもしれませんが、夜行バスなんかに乗ってしまったら最悪。

腫れ上がってもはや足首の位置がないし、膝から下だけ自分の足じゃないような違和感が気になってなかなか休めません。

触るとなんかブヨブヨしてすごく嫌です…

 

転職してデスクワークがメインになったら、ほぼ毎日むくむようになりました

家に帰る途中で、このこんなに靴きつかったっけ…?とよく思います。

足がずんぐりした日には靴下の痕とかが気持ち悪いほどくっきり残るので、よくマッサージするようにしてます…

 

基本的にむくみやすい方なんですが、特に生理前のむくみがひどい

特にふくらはぎと太もも、指の違和感がとれません。

揉んでみてもすっきりしなくて、ずーっとイライラしてます。

 

むくみってしんどい…

むくみに悩む女性むくみに悩む人達の声を聞いてみました。

悩む声がダントツで多い足はもちろん、顔全体や手など、むくみのひどいパーツにもいろいろあると思います。

発熱や大怪我に比べて、大したことのない現象だととらわれがちのむくみ。

しかし、ただの不健康な現象の一種だと思わないでほしいのが事実です。

むくみは大きな病気の前触れとなる可能性もあります。

むくみを引き起こしているのは、体内の水分です。

血管外には細胞と、細胞の間を満たす細胞間質液という液があります。

血管からは水分といっしょに、酸素や栄養素も染み出していきます。

細胞間質液は、水分から酸素と栄養素を受け取って細胞まで運びます。

そして、細胞が出す二酸化炭素や老廃物を血管に送り届けます

血管内の水分が染み出して細胞間質液と出会うことで、細胞の成長に大きく貢献しています。

通常の健康な体では、血管内を通る水分と血管外の細胞間質液のバランスがとれているのです。

このように体内の水分量を調節するのは腎臓の役割となっています。

しかし、何らかの影響によって水分量のバランスが崩れ、細胞間質液が血管内の水分量を上回っている状態がむくみです。

むくみが起きる理由はいろいろと挙げられています。

まず、塩分や水分、アルコールの摂取過多によって血管内の水分量が増えたという可能性です。

特異の疾患によって引き起こされていたり、加齢やストレスなども考えられます。

また、生理や妊娠によってホルモンバランスが崩れているときにも、むくみは現れやすくなります。

このような体質上、女性は男性に比べてむくみやすい傾向にあります。

そしてむくみが発症する大きな原因として、腎臓の機能低下に着目するべきでしょう。

腎臓の機能が低下することによって、体内の水分量のバランスが崩れてむくみを発症します。

それだけではありません。

腎臓の不調は、高血圧をはじめ心不全や心筋梗塞など循環系疾患の引き金になりかねません。

血尿やネフローゼ症候群など、泌尿器系疾患を招き寄せる恐れもあります。

このように、腎臓を患うことで引き起こされる疾患は、決して小さな規模では済まないのです。

むくみは、腎臓の不調を知らせる前兆かもしれません。

このように疲労や調子の悪さを体現化したようなむくみを、簡単に解消する方法があります。

それは、医薬品の力で治すことです。

といっても、ちょっとむくみを感じるという理由で病院に通うのはさすがに面倒だし、薬を処方してもらえるかどうかもわかりません。

そこで、通販で確実に手に入れられるルプラック・ジェネリックという医薬品を紹介します。

 

ルプラック・ジェネリックとは

薬のイメージルプラック・ジェネリックはIntasPharma社より製造・販売される利尿剤です。

日本国内でも処方されている、ルプラック錠のジェネリック医薬品になります。

ジェネリック医薬品とは、新薬と同じ成分で同じ効能を持つことを認められた医薬品です。

この場合、ルプラック錠が新薬ということになります。

ルプラック・ジェネリックはトラセミドという有効成分を含んでいます

利尿剤の中でもループ系利尿剤とよばれる部類であり、効果が高いとされるものです。

トラセミドが体内に取り込まれると、腎臓の機能の支援に回ります。

腎臓の機能低下によって引き起こっていた塩分の摂取過多を抑えて、体内の不要な水分を尿として排出させます。

これによりむくみが解消されるだけでなく、高血圧の緩和にも効果を与えます。

 

効果とともにあるのが副作用です。

副作用はルプラックに限らず、どのような医薬品であってもあります。

ルプラックの副作用はさまざまにありますが、その中でも多いのが頭痛や倦怠感です。

しかし効果とともに副作用も治まっていくので、基本的には心配する必要はありませんが

重い症状が現れたりした場合には、医師の診察を受けることを推奨します。

 

用法用量をしってルプラックを使おう

薬を飲む女性ルプラック・ジェネリックは1日1回の服用です。水またはぬるま湯といっしょに服用してください。

服用してから効果が現れるまでの時間は30~60分ほどです。

1日の服用上限量は10mgと定められています。上限を超えないように注意してください。

ルプラック・ジェネリックは1錠10mgの配合ですが、効能の大きさや体質によって錠剤をカットするなど、適量の服用を心がけましょう。

 

 

使用者の口コミ

Aさんの場合

女性のイメージ 今日はなんだか体が重い…と思った時に、ルプラック・ジェネリックを飲んでます。

体の中のたぷたぷした老廃物が追い出されていくみたいに感じます。

たかが尿だって侮っちゃだめだと思う。泌尿器の病気は普通にこわいし、尿を出せないせいで病気になることもありますからね。

 

Kさんの場合

女性のイメージ足とかのむくみならまだいいんですけど(良くないけど)、たまにまぶたとかほっぺとか明らかにパンパンにむくんでるのがすごく嫌でした。

最近は、朝起きてむくみを感じた時にはルプラック・ジェネリックを飲むようにしてます。

朝に飲むと、その日のお昼には顔がすっきりしてるように見えます。

朝より午後のほうが調子がいいのは不思議に思われます笑

ただ、仕事中に何度かトイレに行きたくなるのはちょっと困ってます。どうしようもないのはわかってますが…

 

Tさんの場合

女性のイメージ足とか指のむくみが不快感すごすぎてじっとしてられない、という時に飲みます。

どんなに揉んでも手応えを感じなかったけど、ルプラック・ジェネリックを飲んで気付いたらすっきりしてます。

手足もすっきり快適。でも、寝られなくなるから寝る前には飲めないんですよね。

休みの日、朝イチで飲むと一番いいかもしれません。連勤の夜とかは特にむくみやすいので。

 

ルプラック・ジェネリックを通販で

通販を利用する女性 前述したことですが、ルプラック・ジェネリックは通販で買うことが可能な医薬品です。

病院に行けばルプラック錠が手に入るのに、わざわざ通販を利用するメリットとは何でしょうか。

まず、価格の違いです。

ジェネリック医薬品と新薬は成分も効能も同じですが、新薬に比べてジェネリックはコストを抑えて製造されました。

そのため、ジェネリックのほうが格段に安く手に入ります。

日本の調剤薬局にもジェネリック医薬品が少しずつ普及していますが、あれは医療費を抑えるという目的のためでもあります。

ルプラック・ジェネリックは、ルプラック錠に比べて低価格で購入できるようになっているのです

医師の処方ではないので診察代などもいりません。

実はルプラック錠と違って、ルプラック・ジェネリックは日本国内での取り扱いが認められていません。

そのため、ルプラック・ジェネリックを購入するには海外から通販で取り寄せるという方法しかないのです。

このことから、ルプラック・ジェネリックを使用するなら通販の利用は避けられません。

次に、病院に行く時間を作らなくていいという点が挙げられます。

むくみはいつ発症するか、確定できるものではないのです。

朝起きると急にむくんでいたりするし、旅行などの出先で発症する可能性もあります。

そのたびに病院で受診する時間を確保できるとは言い切れないでしょう。

仮に確保できたとしても、正直ルプラック錠のために病院に行くのは面倒だという気持ちもあるかもしれません。

通販でまとめて買い置きしておけば、服用の必要があるときにすぐ準備できます

服用頻度が高くても、無くなる前に追加注文しておくと困ることはありません。

追加が欲しいと思ったら、ネット環境さえあればどこにいても注文できます。

利尿剤を人に見られるのは少し抵抗があるという場合でも、通販なら誰にも見られず家まで届けてもらえるのでたいへん便利です。

また通販サイトでは他の医薬品をまとめて取り扱っていることが多く、いろんな医薬品と比べた上で買うものを選べます

まとめて購入すると配送料も少なく済みますし、サイトによってはポイントが貯まるシステムもあるため次回以降の買い物がさらにお得です。

このように、通販の活用次第でいろんなメリットを得ることができるでしょう。

では、ルプラック・ジェネリックを通販で購入する具体的な方法を説明します。

 

個人輸入代行を使ってみる

通販を利用する女性ルプラック・ジェネリックを海外から取り寄せるのは、個人輸入とよばれる通販方法です。

しかし海外の通販に慣れていない状態で一から個人輸入を行うのは、デメリットもあるし難しい場面も多く出てきます。

そこでおすすめしたいのが、個人輸入代行サイトです。

このサイトは個人輸入を利用する際に懸念されがちな、言語の違いや安全面に関する負担を請け負ってくれます。

以下は、個人輸入代行サイトで商品を購入する一連の手順です。

 

代行サイトで欲しい商品を探す

説明文などは日本語で書かれているので、効能などを確認しながら欲しい商品を決めます。

商品を確保する

購入数を決めたら『カートに入れる』などの操作で商品を確保します。

購入の手続き

連絡先や支払い方法など、必要な情報を入力して購入手続きを完了させます。

配達を待つ

指定した場所に商品が届くまで、約2~3週間ほどかかると見積もっておきましょう。

家に届けられるのは抵抗があるという人は、最寄りの郵便局に届けてもらったものを受け取ることもできます。

 

この手順の中で一度も外国語の使用を必要としない点が、個人輸入代行サイトの特徴の1つです。

また、海外の通販サイトには偽物の医薬品を取り扱うところが数多くあります。

しかし代行サイトでは販売前に医薬品の検査を行うこともあるので、安全面においても心強い味方です。

個人輸入代行サイトのおかげでデメリットを遠ざけ、個人輸入をより利用しやすい手段として活用できます

個人輸入で買い物をしたいと思ったら、ぜひ個人輸入代行サイトを覗いてみてください。

 

ルプラック通販を利用する上でのポイント

ここまで個人輸入に関する話を知ると、海外から医薬品を輸入する行為は法的に大丈夫なのかという疑問を持たれるかもしれません。

もちろん、個人輸入は立派な合法行為として認められています。

しかし個人輸入や個人輸入代行サイトを利用する時には、いくつかのルールを守る必要があります

まず注文する前提の条件として

『購入した商品は個人利用を目的に使用する』

『商品は自己責任のもとで使用する』

などが挙げられます。これを理解した上で商品を注文しましょう。

そして個人輸入の利用には次のようなルールが定められています。

・購入した商品は第三者に分けない、譲らない

・第三者の代行で購入しない

・購入したものを転売しない

これらは個人輸入でも、代行サイトを利用した際にも通用するルールです。

安全に商品を購入するために、上記の内容は意識しておきましょう。

 

ルプラックと同じ効果を持つラシックスについて

ルプラックジェネリックのパッケージラシックスは、有効成分のフロセミドを配合した利尿剤です。

効能はルプラック・ジェネリックとよく似ており、むくみの原因となる老廃物や余分な水分を尿として排出します。

ラシックスとルプラック・ジェネリックとの大きな違いは効果の現れる時間にあります。

ルプラック・ジェネリックは効果を得るまで30~60分かかるのに対して、ラシックスは20~30分という即効性を持っています

そのため、急いでむくみを取りたい時にはラシックスの使用が適しているといえます。

ラシックスの効果持続時間は4~6時間とされているので、逆算して早い時間から服用すれば、予定の時間には利尿の作用を抑えることも可能です。

そんなラシックスはルプラック・ジェネリックと同じく通販で購入される利尿剤のひとつでしたが、現在は通販で取り扱えなくなっています

そのためラシックスに代わるものを買いたいという人には、同じ効能を持つルプラック・ジェネリックをおすすめしています。

 

ルプラックの購入はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました